坐・琳派展 陸

2020年7月27日(月)~8月2日(日)

出品者

浅野康則・阿曽沼明・上野秋苑・ウチダヨシエ・小澤理史・川口聖・品川成明・白井洋子・杉村倉太・杉山高史・醍醐イサム・忠隈宏子・水戸部千鶴

北久美子偲ぶ会

「北久美子偲ぶ会」画廊楽Ⅰ&Ⅱ
2020年2月10日(月)~16日(日)
11:00~18:00(最終日16:00まで)

昨年5月に亡くなった北久美子先生を偲ぶ展覧会を開催しております。
初日の10日にはお別れの会を行い、山本貞先生や遠藤彰子先生をはじめ、たくさんの方がご参列いただき、北先生との思いで話や先生らしいエピソードもお話しくださりました。

今回の展覧会では大作を中心に展示し、先生の愛用品をアトリエからご親族からお借りしました。先生の在りし日の制作風景を思い描いたり、様々な功績や足跡をたどりながら、先生への感謝とお別れの気持ちをお届けしたいと思います。

響墨 kyoboku

「響墨 kyoboku」画廊楽Ⅰ
2019年12月16日(月)~22月(日)
11:00~18:00(初日13:00より、最終日15:30まで)

【出品者】金澤翔子、小林東雲、松井陽水、三浦ひろみ、矢部澄翔
*主催/企画 色(アートプロデューサー)

画廊楽2019年最後の展覧会は、墨の作家のグループ展です。

水墨画・書・日本画とジャンルは違えど、墨に情熱を傾け続ける作家5名が奥深い世界を魅せてくれます。

支持体は絹や和紙などそれぞれ。各々の作家がこだわった墨色・表現・ねらいがよくわかります。
墨の色やにじみが支持体からどのように影響されるかまで、じっくり観て頂きたいです。

現代日本はとてもカラフルでポップな表現も随分浸透しました。普段の生活やアートも色とりどりなものが増え、それが当たり前になりました。
だからこそ、この伝統的なモノクロ世界が新鮮に感じるような気がしますし、日本に古くから息づく黒の世界は、いつの時代も深く魅力的です。
墨って良いなぁ。

第2回 アクアレッロ巡回 横浜展

2019年12月2日(月)~8日(日)11:00~18:00(初日13:00より、最終日16:00まで)
出品者 アルバロ・カスタネット、青江健二、小野月世、亀﨑敏郎、佐橋井久子、星野敬子、やべちひろ

世界をまたにかけ活躍する水彩画家による超豪華な展覧会です。
世界中の水彩画作家の憧れの存在であるアルバロ・カスタネットさんの作品を鑑賞できる、またとない機会となっております。

日本からも豪華な作家陣が出品しております。

星野敬子さんはスペイン在住、やべちひろさんはアメリカ在住の作家です。今回は会期に合わせ日本に一時帰国されています。

ここではご紹介しきれない作品もたくさん展示しております。
ぜひ会場で水彩超絶技巧を堪能してください。

昨今大人気の水彩画です。手軽に始められるジャンルではありますが、奥の深い表現と技術が当然求められます。水彩画を描いている方も、そうではない方にもぜひ観て頂きたい展覧会です。

第12回 木曜会

「第12回 木曜会」*楽Ⅱ
2019年11月18日(月)~24日(日)

楽絵画教室で木曜日に行っている平田智香先生のクラスで楽しく絵を学ぶ面白い方々による展覧会です。

平田智香先生は新制作協会会員で、毎年国立新美術館で展覧会があります。

このクラスは水彩・油彩の小作品を制作するクラスです。
1人1卓のモチーフを基本的に描きますが、何を描いても問題ありません。

受講生の皆さんはマイペースに作品を仕上げます。


2019年から平田先生の大作限定クラスができました。
授業日は月曜日の午前10時~午後1時、月2回となっております。
こちらのクラスは主に公募展出品など大作を描く方を募集しております。
詳細は楽絵画教室までお問い合わせください。

楽絵画教室 045-681-7255
raku@artstage-raku.com
横浜市中区翁町1-3小原ビル4階(事務所)