響韻会 日本画展

「響韻会 日本画展」*画廊楽Ⅰ
2017年11月20日(月)~11月26日(日)
11:00~18:00(最終日16:00まで)

ハマ典日本画部会員有志による展覧会です。
〈出品者〉
青柳明日香、秋山育子、浅見信夫、岩﨑美代子、岩谷勢子、梅里雅子、
岡本早智子、小川ミサ子、笠原拓三、勝山治実、加藤敏夫、上継友美子、
川村紫朗、木村昌子、小島和美、小島昇、小林房子、佐々木宏二、
佐々木多瑛子、塩﨑美佐子、品川成明、霜鳥忍、関本加代子、立木洋子、
田中亮子、土井好子、徳永トキ子、戸津信子、豊田初良、長谷川美恵、
平野知加子、廣瀬慶子、松山純子、三上俊樹、宮本弘子、森惇子、
山岸文子、山口修、山田繁子、油野由美子、亘征子

日本画の質感がとてもきれいに映えています。
岩絵具の透明感はやはり自然光が差し込むと見え方が違います。

よく画廊で聞かれることですが、日本画作品の表面がキラキラ光って見えるのは
一体何だという質問です。ラメか?など。
キラキラ見えるのは岩絵具です。岩絵具は岩石や宝石を砕いて作った絵具です。
石を細かく砕いているので、粒子に光が乱反射してキラキラして見えるのです。
粒子の細かさによって、同じ色でも違ってみえます。
岩絵具は膠(にかわ)で接着します。

最近は、日本画の画材も便利なものが増え、気軽に始められるようになりました。
若い日本画作家もたくさん活躍しています。
日本画のこともぜひ、ちょっとでも良いので知って頂けると嬉しいです。


横浜・関内での展覧会はぜひ画廊楽をご利用ください。
ご予約・ご見学は随時受付中です。
************************
横浜・関内の画廊*ギャラリー
画廊楽Ⅰ&Ⅱ
〒231-0028
横浜市中区翁町1-3小原ビル
************************